健康には、歩くことが一番
健康には、歩くことが一番いいようです。
確かに、足が生命の源です。
歩くことが出来ればOKですね。
年配の方が良く歩いている姿をみかけます。
私も一時期、4キロを目安に歩いていました。
友人と話をしながらのウオーキングは、あっという間に時間が過ぎます。
四季の移り変わりが、肌で実感できるのもウオーキングの楽しいところです。
遠くにハイキングにいかなくても、自宅のそばにも色々と面白いことが発見できます。


半年ほど歩いていて一番ビックリしたことは、田んぼのあぜ道に結構大きな鳥が巣を作っていて、卵を守っている姿に感動です。
友人と二人携帯で写真を撮って、そっと離れました。
心ない人や天敵に見つからないようにと思いながら・・・・・。
こんな自然も、歩いていたからこそ遭遇したことです。
また、雉も時折見かけました。
毎日の生活ではほとんど車での移動ですから、野鳥に目を向けることはありません。

そして、木々や花の姿の変化です。
これは、またまた風流ですよ。
秋は、ススキの穂が夕日に映えて美しく揺れる姿は美しい女性のようです。
刈り取られる前の稲穂も、黄金でできているようでステキですね。
心も健康になります。

7ヶ月ほど歩きましたが、さすがに冬に入るととても寒くて大変でした。
「寒い、寒い。」の連発です。
とても、風景を楽しむまではいきませんでした。
12月の初旬で断念です。



耳より情報
最近耳にしたことなんかをのせていきます。
 



イヤホンジャック


iPhone5が出ましたが、イヤホンジャックの位置が、電話の今までの右上から、下に変わりました。
iPhone4をまだ購入して3ヶ月くらいなので、性能がよくなるのはうらやましいです。
もうちょっと待ってから、iPhone5を購入すればよかったかな?
イヤホンジャックの位置が下になることでより使いやすくなるんでしょうか?
まだ、私の周りでiPhone5を買った人がいないので、誰か買わないかな〜なんて思っています。
やっぱり、4とどう違うのか性能がどれだけ上がったのか知りたいですから。ネットのつながりやよくなったり、画像がよくなったりしたらしいですけど、実際にこの目で見て比べてみない事には、説明を聞いているだけでは、ちょっと分かりずらいですからね。


エルメス バーキン

エルメスが大好きで集めている人を「エルメスフリーク」って言うそうです。
時々、エルメスフリーク必見!なんて言葉が時々出てくるので、聞いてみたら、そうなんだそうです。
そのエルメスフリークがとっても手に入れたがるエルメスの商品がバーキンというカバンなんだそうです。
なんで、そんなに欲しがるかというと、高価すぎて、手に入れるのが大変だからだそうです。
普段、ブランドにあんまり興味がない私には、笑ってしまうくらい高価な値段でした。
まだまだ世の中知らないことがたくさんあるんだな〜なんて思ってしまいました。
ただ、興味は持ってしまったので、実際にどんなカバンなのかお目にかかれたらいいな〜と思って、
バーキンという言葉を覚えた今日この頃でした。


結婚相談所に登録しようと思っていろんな会社同士を、比較中です。
こんなにいろいろあるんだと感心しました。
そして、比べようとまず資料を請求して料金を見比べていたんですが、う〜ん、よく分からない〜。
登録したときに支払う料金は、登録料っていうもの以外に、月会費、活動費、月間雑誌、成婚費。その他にも、いろんな名前で料金が立てられていたり、ホント分かりにくいんですね。
やはり、直接話を聞きにいったほうがいいのかもしれません。
ところで、結婚情報サービスと結婚相談所の違いって何だろうって疑問に思ったことはありませんか。
「結婚情報サービス会社」は、会員の情報を提供するところで、成婚料がないところが多いそうです。
大手の名前が売れているところは、信頼度はあるかもしれませんが、実際の内容はインターネットの出会いサイトとあまり変わらず、成婚に至らなくても30.40万円かかるそうです。
成婚料は、成功報酬型という事で、成婚をたくさん成立させることで、会社の経営が回っていくので、支えてくれるアドバイザーの力は強いです。
積極的に活動出来る方には結婚情報サービスも向いているかもしれませんが、仕事が忙しい人や、人見知りする人、アドバイザーのサポート力を求める方には、「結婚相談所」の方が、適しています。


テレビで、芸人さんがスズメバチの駆除のアルバイトをしていました。腕がいいからと依頼が来て直径1メートルほどの大きなスズメバチの巣を取り出していましたが、見ていてハラハラしました。白い防護服に身を包んで、目もプラスチックの防護用ヘルメットみたいなのをしているんですが、頭に付けたカメラにうつる、スズメバチの攻撃的な様子は、テレビを通していても、思わずよけてしまったくらいでした。さされたらひとたまりもないですよ〜。次々に襲ってきますから、あちこちさされたとしたら、人間だって、命が危ないです。だから、素人の方は絶対にスズメバチと格闘しようなんて思わないでください。巣を奪われそうになったスズメバチって捨て身で襲ってきますから、駆除側も命がけですよね。害虫駆除 福井にある業者さんに頼んだことがあるんですが、さすがプロです。後でとった巣を見せてくれたんですが、大きな巣でした。お渡ししましょうか?ってきかれましたが、いいですいいです。処分してくださいと拒否しました。いったいあの巣の中に何匹のスズメバチが住んでいたんでしょう??死んだスズメバチを見せていただきましたが、想像以上に大きくて怖かったです。あのスズメバチが、人間の大きさくらいだったら、人間は絶滅してますよ、きっと!すごい牙でしたし、鋭い目つきで、体もよろいを着ているようでしたから。

パソコンや携帯電話などが普及することで会社もそういう関係の会社がずいぶんと増えましたね。もとは、電気というものを使ったあらゆるものや、ことが出来るようになったところから始まる気がします。パソコンで仕事をするようになったり、パソコンであらゆる情報を知らせたり、知ったりすることが出来るようになり、壊れた時のパソコン 修理会社が出来たり、こういう体力ではなく、頭を使うコンピュータ関連の会社がずいぶん多くなりました。100年前の人がこの時代にトリップしてきたら、どうなっちゃうんでしょうか。100年前の赤ちゃんなら、なんてことなく受け入れられそうですが、100年前の大人だったら、逆にストレスになりそう。特に、男性は、ストレスになっちゃいそう。たいていの仕事にコンピューターってかかわっていますよね。家を建てるのにも、パソコンがかかわってくるし、漁をするのにも、コンピュータを使うようになったし。昔は、仕事と言えば、体力と知力だったのが、今は、知力の方が、収入に結びつくようになったかもしれないですね。そうなると、女性にもチャンスです。体力はどれだけがんばっても男性にはかなわないですけど。この100年くらいの間で、人間の生活がずいぶん変わって、男性と女性の関係も変わってきたんですね。いいことなのか、よくないことなのか。でも、やっぱり男性にはたくましくあってほしいですし、女性は男性を支える。そんな姿が本来の人間という動物の本来の本能に埋め込まれた生き方なんじゃないかなと思います。

群馬県太田市のすべての小学校で太陽光パネルを設置するそうです。そこで、なるほど!って感心したのが、設置場所。てっきり、校舎の屋上に取り付けるのかと思っていたら、プールサイドなんです。これ日よけをかねているそうです。へ〜なるほど!って感心しました。どこのメーカーのをつけたんだろう。うちと同じソーラーフロンティアかな。熱中症予防をかねた、太陽光発電、一石二鳥ですね。小学校のプールといえば、子供の夏休みのプール当番で、つらい思い出があります。自分の当番の時は、雨が降らないかな〜なんて願っていました。4年生の子供の親で当番が組まれているのがうちの小学校の伝統で、当番表は、全員が入っています。だから、雨が降ったら、次回ってこともなく、なしのまま過ぎ去っていくので、どうか雨が降りますように〜って願っていたのにもかかわらず、かんかん照りのせみがあちこちでがなっているプールにはもってこいの真夏日になってしまいました。私、朝から、ちょっとブルーでした。知っているお母さんと一緒だったら、おしゃべりも出来て、気がまぎれるんだけど、当番表には、知らない方の名前。あ〜、やだな〜。と思いながら、先輩のお母さんから伝授された格好と小道具で、準備完了。大き目の日傘と、つばの大きな帽子。で、長袖Tシャツのジーンズ。はたから見たら、怪しい人ですよ〜。この年になると、昼間の日光は、吸血鬼並みに怖いです。すぐにしみになっちゃいますから。一応女性ですからね〜。プール当番ってね、することはほとんどないんですよ〜。立ってるだけ・・・。何もしないことほどつらいことはないな〜、そういえば、道の角なんかで、「○○ハウスはこちら」なんて、看板をただ持って立っているだけのお仕事をされている方を見かけますが、あんな仕事やりたくないな〜なんて思って考えてました。で、30分がなかなかたたない!暑いし、することがないし。することがないと、意識が暑さに集中してしまって、なおさら暑い。茹蛸のような心境になりながら、最後のほうは、ボーっとしてきて、早く終われ〜ってそればっかり思ってました。プールの時間がやっと終わり、子供達みんなを送り出して、プールの門を閉めて、「は〜、やれやれですね。お疲れ様でした!」ってお母さん方とちょっとしゃべって、速攻家について、まずしたことは、クーラーを最低気温で、強風。そして、扇風機も強風の首ふり。で、服をランニングと短パンに着替えて、氷の入った麦茶とアイスクリーム。「あ〜!極楽、極楽!」で、昼寝?夕寝して、その晩は、外食にしちゃいました。

猫が好きだって訳じゃないんですが、魔女の宅急便のビデオを見てから、黒猫のジジが大好きになってしまいました。魔女と普通の男性の間に生まれたキキは、人間として生きていくことも魔女として生きていくことも出来たんですが、魔女として生きる道を選びました。そして、13歳の春の満月の夜にジジをつれて飛び立っていき、新しい町で成長していきます。ジジはキキの魔法で、キキとだけは会話が出来るんですが、他の人間にはキキの声はただの猫の鳴き声にしか聞こえないんです。キキのマークが入った雑貨 猫がほしくて、雑貨屋さんを覗いたら、ありました、ありました。いろんな猫キャラクターがあるんですね。その種類の多さにビックリです。猫に興味がなかったせいか目に入ってなかったんですね。動物の種類ごとに分かれていて、かえるや犬、こぶた、うさぎなど、いろんな動物のキャラクターが置いてあり、コーナーが分かれていました。やっぱりジジがかわいいです。私が買ったのは、トイレグッズです。トイレのスペースは魔女の宅急便のペーパーホルダーとトイレマットトイレカバーにしました。ジジのぬいぐるみ調のリュックがとってもかわいくてほしいなって思ったんですが、私の歳では、そんなのしていたら大丈夫かって心配されちゃいますね。赤ちゃんが生まれて、歩けるようになったら、背負わせたいなって思いました。

仲の良い友だちと二人でどこかに出かけようかプランを考えているのですが、まだ何も決まらない状態でして、困っています。時期としてはもう少し暖かくなってきた時を狙っているのですが少し時期が外れるだけでお料理などのプランが一気に変わったりするんですよね。もちろん値段も。できればその時旬なもので格安プランを選んでいきたいとは思っているのですが。友だちは自分では決めれないタイプなので全部私に任せるよと言ってくれたので私が場所や旅館などを決めようと思っています。今の所、泊まる場所の候補にあがっているのは若狭 民宿ですね〜。お値段のわりにお料理が豪勢でとっても興味深いです。他にも色んな旅館を探してみて入るんですが、私が個人的に気に入っているのはこちらなので友だちのOKが出たら予約をしてしまおうかな〜と考えています。友だちはきっと海の幸が食べられれば何でもいいよ〜と言いそうですが(笑)お風呂も展望風呂などがあって私としては文句なしです。温泉から海が見えるというのはとても魅力的じゃないですか?ここには車で行くので、行くまでの距離と高速の値段を先に計算してしまおうかと思います。合計いくらで行けるのか最初に計算しておかないと不安になるタイプの私なので。

お父さんが定年退職したら小さな喫茶店を開くといっています。そのために今の仕事を始める前に調理師免許を取ったそうです。調理師免許って昔はとても取りやすい簡単な資格だったらしいんですが今は昔と違いとてもレベルも上がって難しくなっているそうです。お父さんはいい時期に資格をとったな〜と感心してしまいました。そして本題の喫茶店の件。お母さんは全く本気にしていません。またお父さんが適当な事をゆっているわ〜と聞き流しているだけ。一方お父さんはと言うとお店はどんな感じにしようかと店舗 デザイン 仙台を見たり物件を調べたり土地を見に行ったりとかなり本気なご様子。定年まであと1年ありますが、確かに何か趣味を見つけてやってくれていた方がボケ防止にも繋がるし、お金も少しずつだとはいえ溜まって行くでしょうし、何より何かに打ち込むっていうのはとても大事な事だと思います。私はこの定年後の予定に賛成派なのですが、お店のやりくりをするのは誰なの?とお母さんが不機嫌を隠しきれていない様子。うちは共働きの家だった故にお母さんもずっと家のために働いてきました。今更また1からスタートなんて正直やる気がないのも分かります。それに二人の年金があれば十分やっていけると思います。まあ私がなんと言おうが後の事は二人で決めてくれればいいんですが。私は娘としてそばで見守る事にします。

2013年5月12日の日曜日、母の日は皆さんどんなものを送られたんでしょう。週末に郊外型大型スーパーをブラブラと歩き回ってウィンドーショッピングして回りましたが、いつもの花屋さんだけでは、母の日の花が追いつかないくらいで、ロビーなんかに母の日特別コーナーで、カーネーションなどの花が、包装し終わった状態で、並んでました。二時ごろにみた時は飛ぶように売れていて、皆さん、やはりお母さんに何か感謝の気持ちを表したいって思っているんですね。その一角の棚にプリザーブドフラワーが並んでいました。生花が大きくて見栄えが良いのに対して、小さいのに高いのですが、近くでじっと見て回ると、小さな細工がたくさんしてあって、ぬいぐるみが入っていたり、リボンや、キラキラする特殊な加工がしてあったり、まあるい綺麗なふわふわした物がたくさん入っていたり、デコレーションぽいキラキラした宝石みたいな物があったり、とってもかわいらしかったです。私は前日にプリザーブド 通販で購入したものと別に母にもうひとつ、母が喜びそうなものを買って実家に行ってきました。母に渡すととっても喜んでくれたのでよかったです。後で妹家族も来るのよって行ってました。用事があったのですれ違いで会えなかったんですが、やっぱり妹も母に孝行を忘れていないなって事がうれしかったです。母は、久しぶりに孫の顔も見れたこともとってもうれしかったみたいで、お菓子やら飲み物やら食べて食べてとどんどんいろんなものを出してきてくれて、あれもこれももって帰ってってくれるので、母っていつまでたっても、子供が親を思う何十倍も、子供の事を思っていてくれてありがたいものだなって思いました。

学生の頃は、毎年決まって健康診断があったので、それに伴って歯の検査もしてもらっていたのですが、大人になってからは自分で歯医者にいかなければならなくなりました。希望すれば健康診断にオプションでつけられるんでしょうが、ここ数年まったく歯を見てもらっていませんでした。三日前くらいでしょうか。ついに歯痛というものを体感しました。毎日歯は磨いているのですが、手抜きのときは手抜きでなかなかしっかり時間をかけて磨くことがない私は昔毎年といっていいほど虫歯がありました。仕事があって大体行くのをめんどくさがって途中で通院をやめてしまうのですが、今回はこれは一筋縄ではいかない痛さな気がします。一回歯医者 福井にでもいってちゃんと見てもらわないとだめかもしれないなあ。歯痛って我慢できないほどではないんだけど、口に何かをいれると激痛が走るから食べるのが怖くなっちゃうんですよね。我慢比べをしたら私は結構我慢強い方だと思うんですが、この歯の痛さにはさすがの私もかなりきています・・。歯医者にいってしまえばきっと一発で痛みなんてなくなるんですけどね。普段甘いものなんてあんまり食べないのに虫歯になるものはなるんですよね〜。小さい頃に虫歯でぎゃんぎゃん鳴いてた頃を思い出します。うちの親は容赦が無いのでぎゃんぎゃん泣いていると我慢しなさーい!と怒鳴られるだけでした。よく親さんが施術室まで入って見守ってくれるというシチュエーションがありますが、うちでは一切ありませんでした・・。家の近くの歯医者さんだったこともあり、行くのも自分ひとりで行かされていたいたので、泣きつく場所もありませんでしたよ。まあそれのおかげか歯医者が怖いといった印象はあまりないんですがね。

ずばりと結論から言ってしまえば、名古屋における「婚活」の応援体制は非常に優秀だと言えるのです。実際に、内容および「成功率(とはいえ、婚活にて結婚することを伏せているカップルも多く、公にされていない場合もありますので、正確な数字として表れてこないことも多々あるのですが)」を確認すればわかることではあるとは思いますが、その背景には「名古屋」という土地柄もあるのです。名古屋人はとにかくサービスもそうですが、ビジネスにおいても、もちろん結婚相手に対しても、しっかりとシビアな眼差しで物事を判断します。ですから、「この会社は役に立たない」と判断すれば、離れていくのも早いのです。ですからこそ、婚活をビジネスとして応援する会社は、非常に鍛えられていき、他の地域にも評判が届くほどに優秀になっていくのです。婚活 名古屋たとえば、オーソドックスに思える内容の「婚活パーティー」であっても、驚くほどに非常に細やかなサポート体制が用意されているのです。「ここまで応援してもらえるのか!」と思わず感動してしまうほどに。ですからこそ、奥手な人でも気軽に参加することができますし、わざわざ遠方から足を運ぶまでの評判をよんでいるのです。

地盤改良とは建築物などを建てる際に、安定や強度を強化したり維持するために地盤に人工的な改良を加えることを地盤改良といいます。その種類は置換工法、浅層混合処理、深層混合処理工法、載荷工法、脱水工法などがあります。セメントを使うものは浅層混合処理工法と深層混合処理工法があります。浅層混合処理とは別名、表層改良とも呼ばれることがあります。バックホウなど使い改良が必要な地盤を掘削します。必要な深さまで石灰、セメント系の固化材を混ぜあわせながら埋め戻します。 その後に転圧し締め固めます。深層混合処理工法とは他に柱状地盤改良工法と呼ばれます。また深層混合処理工法にもいくつかの工法があります。機械撹拌工法、高圧噴射工法、機械撹拌工法と高圧噴射工法の併用型の三種類があります。セメント系の固化材を使い、相当な深さまで地盤を柱、壁状に改良する工法です。二つの乾式と湿式があります。通常は湿式が多く用いられることがあります。必要な部分だけ改良できるため地盤が弱い地域の住宅にも経費が安く施工できることが多くあります。この工法は通常の軟弱地盤改良工法の中では最も新しい工法になります。建設の際に出る公害などほとんどないという特徴があり急速に施工実績を伸ばしています。昭和42年に開発が行われ、昭和50年には実用できるようになりました。このように住宅などの建設する予定地の地盤が軟弱の場合、さまざまな工法を駆使し、住宅の重さに地盤が耐えられるよう地盤を補強するのです。サンエンジニアでは、地盤改良をしています。

今は核家族で暮らしていて家を建てる人が多いですが、もし、自分の親に介護が必要になったらどうしますか?一緒に暮らしていたら、目が届きますし、食事やお風呂など手助けができると思います。しかし、部屋がなかったりする事情で世話ができない場合もあります。住んでいる家を増築すればよいのですが、とても費用がかかるのですが、敷地内などに土地があれば、介護用のhttp://www.spacehouse.jp/ユニットハウスを組み立てて暮らすことができます。その介護のユニットハウスは、母屋を増築するよりも経済的で、ベッドや洗面所、シャワーも設置することができます。地震にも強く、丈夫で長持ちするそうです。いろいろなバリエーションがあり、打ち合わせをして見積もりを出してもらいます。ヘルパーの人が来ても、母屋には入らなくてもお世話ができるので、家族の精神的な負担はかなり少なくなると思います。近くにいて欲しいけど、部屋がない。でも、施設に入所させたくはないという方々に相談してもらいたいです。おじいちゃんやおばあちゃん、介護が必要な人も家族がそばにいると安心すると思います。なるべく家族は近くにいて、助け合って生活していきたいですね。



 
Copyright(C) 2012 Walking For Health All Rights Reserved.